協力殺菌・脇の下

生ごみが臭くなるのも、足が臭くなるのも、理由は同じです。雑菌です。雑菌が繁殖して悪臭を放つのです。それには条件がいくつか必要です。

  1. 適度な水分
  2. 雑菌の存在
  3. ある程度の栄養
  4. そして適度な温度

生ごみも足も上の条件を備えています。どれか一つでもかけると雑菌は増えずに匂いも抑えられます。

以前足の匂いをイソジンで消す話を書きました。実は春頃足の匂いが気になり、毎年その頃一度消毒します。足の匂いの原因となる雑菌は石鹸では落としきれないらしく、ゴシゴシと洗ってもダメです。そこでイソジンなのです。イソジンは粘膜に優しいだけでなく、強力な殺菌作用があります。今はどうかわかりませんが、日本の病院では外科を中心に広く使われていました。

※ ただし着色には注意で、これが欠点でもあります。

そこで今度は脇の下の匂いを消す実験をしました。簡単です。脱脂綿にイソジンを含ませて脇の下に塗るだけです。そしてその結果は・・・足と同様、少なくとも本人が気になるような匂いは消えました。

足と同様長続きがするかどうか、この夏、楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

84 − 82 =